Webデザイナーの案件・求人情報、年収や将来性について

Webデザイナー今後・将来性

623のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webデザイナー
求人・案件はこちら

今後・将来性

ネットによる情報発信・収集は、今や書籍関連を抜いて急速に普及しています。一方でネットはまだまだ発展途上であり、今後新たなコンテンツ作成や、インフラ整備も進められます。こうした中、Webデザイナーの将来性は明るいと同時に、未知数でもあります。言わば、Webデザイナーは大きな可能性を秘めているのです。Webデザイナーの求人も、リーマンショック以降一時減少傾向になりましたが、最近はまた上昇傾向にあります。

Webデザイナーの今後に向けて

リーマンショックの影響から脱却し、次第に景気回復傾向にありますが、Webデザイナーの求人でも、以前と比べ、よりスキル、実績が求められるようになっています。以前は、専門スキルを持っていなくても、グラフィックデザインなどの経験があれば何とかWebデザイナーも務めることができたのですが、今後は、CSS、HTML以外、JavaScriptやFlashも自在に使いこなせて、よりビジュアル的に訴えるサイトを作成できることが求められます。

最近は個人でもホームページを持つ人が増えています。個人用の、あまり複雑でないホームページなら、専門家に依頼しなくても作成ができるようになりました。このため、個人のサイトと差別化した、いかにも専門家が作成したと納得できるようなサイトを作成できるこが、プロのWebデザイナーには求められます。

UIデザイナーの今後は

UIデザイナーは、Webデザイナーと比べ、一つの職種としてはまだ確立途上です。ただ、携帯ゲームに加え、スマートフォンアプリも新しいものが次々と登場する中、UIデザイナーの需要は高まり、求人も増えています。これまではWebデザイナーが兼任することも多かったのですが、ダイナミックな広告デザインをしたり、PCの画面サイズを前提にして「限りなく情報を多く伝える」といったWebデザインとは、違ったアプローチを行います。

UIデザイナーの場合、「スマートフォンを使われるシーン」「使っていられる時間」「なぜこのページを見られているのか」「それに対して適切な誘導は何か」といった、プランナー視点の仮説立てを行う必要があります。1画面に収まる情報が少ないため、ユーザーの状態に対して適切なアプローチをすることが、UIデザイナーの役割です。スマートフォンの活性化と共に、これらの『人間工学』に対する『デザイン(設計)』理論は、より一層求められていくと考えられています。

UIデザイナーの将来性は

今後的には、UIデザイナーも一つの職種として確立され、地位も高まります。いずれは、最初の段階での企画・提案、さらに最終的なクオリティのコントロールまでも一任される、というケースも考えられます。UIデザイナーは、より快適なサービスを設計するための、ディレクター的な役割も担うことになる可能性もあるのです。

Webデザイナー
求人・案件はこちら

Webデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択