システムエンジニア(SE)になるためのおすすめの勉強法!

システムエンジニア(SE)勉強方法

20391のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

勉強方法

システムエンジニア(SE)はコンピューターのプロフェッショナルであり、色々なスキルを学ばなければなれない職業です。またまず基本的なスキルとして、小規模なシステム設計のスキル、ある程度のプログラミングのスキル、理解しやすいドキュメントを作成するスキル、の3つのテクニカルスキルと、エンドユーザのヒアリングスキルやコミュニケーションスキル等に分けられます。

テクニカルスキルの学び方

専門のスクールで学んだり、大学で情報工学を専攻したり、あるいはすべて独学で学ぶ方もいます。専門スクールには色々な種類がありますが、コンピュータの基本からプログラミングまでをトータルに教えてもらえるスクールが理想的です。大学で学ぶ場合は具体的な使用方法や開発方法というよりも、理論的な基礎知識が前提になりますので、学びながら自分でコンピュータの操作方法を習得したり、専門スクールとどちらも利用する方も多いようです。また大学の学科を選択する場合は、数学や理科系の延長で学べる情報工学の学科がコンピュータ系では一番お勧めですが、最近は競争率がどんどん上がってきていますので、理系教科で3科目以上得意な科目を作っておく等の対策が必要です。独学の場合は書籍やセミナーを利用したり、インターネットの通信講座を利用する方も多いようです。

また資格を目標にすると学びやすいと言えます。コンピュータ系の資格は色々ありますが、国家資格の中でも人気の高い基本情報処理技術者や、アプリケーションエンジニア、ネットワークエンジニアなどは特にお勧めです。資格が無ければ仕事に就けないということはありませんが、国家資格ですから取得しておけば就職・転職にも有利です。

コミュニケーションスキルの学び方

システムエンジニア(SE)の仕事は、ユーザが希望するシステムを作ることです。つまりテクニカルスキルに加え、相手の話をしっかりと理解できることや、きちんと話ができることもスキルとして大切です。まずは普段から色々な方とコミュニケーションすることです。また一般常識や時事的な知識についてもできるだけ多く知識を持っておくと後々役に立ってきます。

システムエンジニア(SE)は現場で仕事をするようになってからも色々なことを学びますが、どれくらい早く学べるかは基本スキルがどれくらい身についているかで決まります。将来に渡ってとても大切なスキルですので、できるだけ早いうちから身につけておくべきと言えます。

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

システムエンジニア(SE)について
詳しくみる

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択