気になるシナリオライターの平均年収・給与に関して

シナリオライター平均年収

605のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

シナリオライター
求人・案件はこちら

平均年収

シナリオライターはどれくらいの収入があるのでしょうか?それには、まずシナリオライターはどのようなところで仕事するのか、考えてみることです。一番安定した収入が得られるのは、やはりゲーム会社に所属することです。この場合、シナリオライター専門ではなく、ディレクターやプランナーも兼任することが多くなります。これ以外、最近はシナリオライターが数人いて、ゲーム会社から仕事を請け負い、シナリオを描くシナリオ制作会社もあります。
いわば制作プロダクションのようなもので、ゲーム以外にもアニメやCDのシナリオを描いたりもします。もう少し幅広く、Webデザインやグラフィックデザインを行う場合もあります。

年収は幅広い

このように、シナリオライターといっても、まだ位置づけがあいまいですが、若い人が多いので、年収として、平均的には250~300万円となります。ただ、年収の幅は広く、シナリオライターだけでは生計は立てられない人もいれば、数千万円の年収を得ている人もいます。大きな収入を得られるのは個人の能力によるもので、やはり能力主義社会なのです。

安定した収入を得るには?

制作会社で仕事する場合、正社員で仕事する以外、フリーランス的に契約を結んで仕事するケースもあります。フリーランスで仕事する場合、完全に一人で活動する人もいれば、何人かのフリーランスの人が集まって事務所を作り、互いに仕事を分け合う形もあります。安定した収入を得るには、やはり会社に所属することです。

会社に所属して仕事し、自分が制作したゲームがヒットすれば、特別ボーナスを支給されたり、特別休暇が貰えることもあります。実力次第で報酬が大幅にアップする可能性もあるのです。やはり、いきなりフリーで安定した収入を得るのは難しく、ある程度実力が付いたところで、フリーになる人がほとんどです。

実力以外に必要なのは?

シナリオライターでも、面白いものを作れる実力があるに越したことはありません。ただ、会社に所属して仕事する場合、例えヒット作を作ることができなくても、きちんとスケジュールに従い、納期を守ることができるような、まじめな仕事ぶりなら納品先にも感謝されますし、収入は安定します。

フリーで仕事しても、一本ヒット作を作ればかなりの収入が得られるのでは、と思うかもしれませんが、たいていは一定金額での買い取りなので、一攫千金とまではいきません。もちろん、ヒット作を作れば、次回からの仕事依頼も増えることにはなります。

シナリオライター
求人・案件はこちら

シナリオライターについて
詳しくみる

シナリオライター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択