シナリオライターの需要とは

シナリオライター需要について

605のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

シナリオライター
求人・案件はこちら

需要について

シナリオライターを募集するゲーム会社は年々増えています。ただ、現状は、どちらかと言えばプランナーとして募集するところが多いものです。このため、プランナーとしての要素も必要となります。

シナリオライターを求めるところは

プレイバイウェブ(PBW)という、ネットでテーブルトークRPGをやるゲームのシナリオライターの求人も増えています。さらに、最近は若者向けの読みやすい文体、アニメ絵の表紙で構成された小説、いわゆるライトノベルが人気です。他に、携帯小説も人気があります。こうしたライトノベルや携帯小説のシナリオをWeb上で作成する、Webシナリオライターというものもあります。

このように、水面下でもシナリオライターの需要は結構多いものです。ただ、こうしたところでの仕事はフリーで契約して仕事するケースが多く、報酬も決して高くはありません。これ以外にも、コンシューマゲームのRPGなどの求人などもありますが、これはある程度の経験が必要となります。

需要に応えるために大事なことは

まずは報酬の低いところで経験を積み、ある程度実力が付けば、さらに報酬の高いところでの仕事をもらう、という人も多く、実力が認められれば、一般公募の求人以外にも、紹介などで仕事をもらえることもあります。会社がシナリオライターを採用する際、やはり実力を重視します。このため、何らかの形で作品を提出することになります。
どのような作品のどのパートを、1人でやったのか、分業の場合どれくらいの量をこなしたのか。こうしたものを、職務経歴書の形で提出します。出来れば、シナリオ、スクリプトや管理表などの作業過程を見せることができれば有利です。

未経験でも需要はある?

シナリオライターの求人は未経験でもOK、というところも結構多いものです。ただ、やはりある程度ゲームに精通している必要があり、細かいキャラクター、世界設定やフラグ管理表、フローチャートまで提出するのが無理としても、恋愛など何がしかのテーマに基づいたシナリオの提出が求められることが多いものです。どのような形でも、完成した作品を提出することができれば、未経験でも有利となります。

シナリオライター
求人・案件はこちら

シナリオライターについて
詳しくみる

シナリオライター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択