今後のシナリオライターの将来性に関して

シナリオライター今後・将来性

605のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

シナリオライター
求人・案件はこちら

今後・将来性

シナリオライターは、今後需要がさらに高まるのは間違いありません。ただ、まだまだ不安定な要素も多いだけに、将来性があると同時に、未知数でもあります。
シナリオライターは一般ユーザーの嗜好、時々の流行、若者の好みなど、幅広い情報を常に収集しなければいけません。つまり、努力次第です。
自分の可能性を追求する前向きな姿勢があれば、大きな収入を得ることも可能です。また、自分の世界をさらに広げることも出来るのです。

シナリオライターの地位もさらに向上

ゲーム機市場はまだまだ広がる可能性があり、スマートフォンアプリもより普及が広まります。これに伴い、また新しいニーズが生まれる可能性も大きいものです。シナリオライターは、自ら市場を開拓し、新たなニーズを生み出す姿勢を持てば、さらに可能性が広がります。
ゲーム業界の場合、タブレットパソコンやスマートフォン向けのソーシャルゲームが人気で、活況を呈しています。これまでのテレビゲームと比べ、開発費の安いソーシャルゲームにより利益率も向上しています。ゲーム業界は不況に強いことから、今後はシナリオライターの地位も高まり、仕事する環境の整備も進みます。

いかに自分をアピールできるかが大事

シナリオライターには、特に資格というものはありません。また、今のところ、専門の学校もほとんどないのが現状です。このため、会社に就職する際も、学歴などよりも実力が重視されます。つまり、実力さえあれば、職歴、学歴なども全く関係ないのです。これまでに自分が作ったシナリオのコピーをいくつも作成し、様々なところを回り、自分の作品を見てもらって実力をアピールし、採用してもらう、という方法もあります。
これまでに自分が経験したことをいろいろと織り込んで、個性あふれるシナリオを作るのもよいことです。自分ならではの魅力をアピールするノウハウを身につけるのも、シナリオライターの将来に向けて大事なことです。

シナリオライターになる道は様々

実際にシナリオライターとして活躍する人は、プログラマやデザイナなどの出身の人以外、元イラストレーター、全く違う分野で仕事していたものの、根っからのゲーム好きだった人など、様々です。スキルに関係なく、ゲームが好きで、自分でもゲームを作り上げたい、という人なら、今後的に誰でもなれる可能性があります。

シナリオライター
求人・案件はこちら

シナリオライターについて
詳しくみる

シナリオライター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択