シナリオライターのやりがいとは

シナリオライターやりがい

641のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

シナリオライター
求人・案件はこちら

やりがい

シナリオライターの仕事は、いわばイベントプランナーのようなものです。まず会場を設営し、舞台装置を整え、照明、装飾を配置し、キャラクターを動かす。
こうしたイベントを、場合によっては企画の段階から関わり、具現化する。完成し、自分のシナリオ通りにキャラクターが生き生きと活躍するシーンを見ると、達成感が味わえるでしょう。また、自分の作品が人気となり、たくさんの人が楽しんでいる様子を日常のシーンで見ることができれば、喜びも大きいものです。シナリオライターの仕事は、こうしたところがやりがいでもあります。

シナリオライターは一人だけの仕事ではない

ゲーム制作は、シナリオライター一人だけで行うものではなく、プランナー、グラフィックデザイナー、プログラマーなどの人たちと連携しながら進めていきます。場合によっては、プランナーを兼任したり、将来的に、すべての工程の管理を任される、ディレクターの仕事をこなすようになるケースも多いものです。
多くの人と連携して一つのものを作り上げるので、人間的なつながりも大事となります。これがまた、人間関係を深めることにもなります。

伝説的なゲームを生むために

これまでにもいくつか伝説的なゲームが生まれていますが、こうしたものは、やはりストーリ展開が面白く、中身の濃い内容のものです。つまり、人気のゲームというものは、ストーリー展開が重要となるのです。どれだけデザインに優れていても、また、キャラクターの動きが面白くても、ストーリーが単調で面白くなければ、人気の商品とはなりません。このため、やはりシナリオライターの役割が重要となります。
優れたシナリオなら、新たに伝説的なゲームを生み出すことも可能です。自分のアイデアが活かされ、ゲームに反映されて好評を得れば、苦労が報われたという実感も得られます。

自分の理想を実現化させることも可能

一般ユーザーの立場に立てば、もっと、こんなゲームが欲しいな、という思いがわくこともあります。シナリオライターは、こうした自分の気持ちを反映させることも大事となります。自分が欲しいゲームを直接実現させることができるのも、シナリオライターの大きな魅力です。
『全世界の人たちを熱狂させるようなゲームを作りたい』。このような情熱があれば、シナリオライターの可能性もさらに広がります。企業も、こうした情熱を持った人を求めています。

シナリオライター
求人・案件はこちら

シナリオライターについて
詳しくみる

シナリオライター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択