シナリオライターの案件・求人情報、年収や将来性について

シナリオライター勉強方法

623のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

シナリオライター
求人・案件はこちら

勉強方法

シナリオライターの勉強法としては、まずは、やはり自分でゲームを作ってみるのがよいでしょう。シナリオライターを志望するのなら、もともと文章を書くのが好き、という人が多いことでしょうから、ノベルゲームやサウンドノベルのような、テキストアドベンチャーを作ってみると勉強になりますし、就職活動の際も、実際に自分が作ったものを見てもらうことができます。
ゲーム自体を作るのが難しいのなら、小説の形で作ってみることです。出来ればシナリオ形式が望ましいので、シナリオの書き方、シナリオ入門などの書籍を購入して、基本的なシナリオの書き方を勉強し、シナリオの形で作ってみます。

シナリオライターの学校はあるの?

巷にはシナリオライター養成講座というものがありますが、これは、たいていは映画、テレビドラマの脚本家を目指す人のための講座です。ゲームシナリオライターを目指す人のための講座を設けている専門学校はまだ少ないものです。まずは映画、テレビドラマのシナリオ作りを学び、シナリオの書き方を学ぶのもよいのですが、ゲームシナリオライターの場合、ただシナリオを書くだけでなく、スクリプト化させる必要があります。

最近は、ゲームシナリオライターになるための入門書やゲームのシナリオの書き方を解説した書籍も見かけるようになりました。ただ、スクリプト化の作業のノウハウなどは、やはり実際に現場で作業をしながら覚えることになります。

人脈造りも大切

まずはアルバイトのような形ででもゲーム制作の会社で仕事し、現場での作業を見学するのもよいですし、未経験OKの会社に就職して、プランナーも兼ねて仕事しながらシナリオ作りを学ぶ方法もあります。初めは雑用など、シナリオと関係ないような仕事をすることになっても、現場でゲーム制作を学ぶことができますし、ある程度人脈を作っておけば、将来の就職にも役立ちます。ゲームの世界では、人脈、コネも結構大事なのです。

まずは情熱を持つことが大事

シナリオライターになるには、まずはプログラミングなどの基本的なスキルを身につけたほうがよいでしょう。ただ、専門学校で学んだからと言って、就職に有利になるものでもありません。まずは小説形式でも構わないので、自分でいくつか作品を作ってみて、シナリオライターを募集している会社に持参し、自分はシナリオを書きたいのだ、という情熱をアピールすることが大事です。会社も、情熱や新しい感性を持った人を常に求めているので、要は、どれくらい自分の感性、情熱を伝えることができるか、ということになります。

シナリオライター
求人・案件はこちら

シナリオライター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択