気になるイラストレーターの仕事内容に関して

イラストレーター仕事内容

622のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

イラストレーター
求人・案件はこちら

仕事内容

イラストレーターでも、Webイラストを描く場合、イラストレータやフォトショップなどの専門のソフトを使って行います。イラストと言っても、雑誌、新聞、チラシ、ポスターなど様々なところで使われ、媒体、場所、内容などによっても描かれるものは実に様々です。

Webで使われるイラストの場合でも同様ですが、主なものとして、トップページのイメージイラスト、バナー広告、Webマガジン用のカットイラストなどがを描くことになります。これ以外、アニメーション、ソーシャルゲームの動画を手掛けることもあり、イラストレーターの仕事も幅が広がっています。

イラストレーターの可能性はさらに広がります

写真やイラストの場合、ストックフォトサービスというものがあります。これは、自分が撮った写真や描いたイラストをストックフォト業者と契約して提供し、Webや広告などで写真、イラストを使いたい業者に対し、ストックフォト業者を通してレンタルするサービスです。

イラストや写真が使われると、仲介料を差し引いた使用料がイラストレーター、写真家に支払われます。今後は、これと同様、サイト用のイラストをレンタルするサービスも広がることになります。他にも、イベント関連の宣伝用のサイトで、動くイメージキャラクターのイラストを手掛けるなど、まだまだイラストレーターの活躍の場は広がります。日常、いろいろなものに注意を払ってみると、結構新しい発見があるものです。

専門的な仕事も

イラストレーターには、工業製品の取扱説明書などで、マニュアル、図解などを、設計図を元にCADやCG技術を駆使しながら表現する仕事もあります。
これには、CAD、CGの専門的な知識が必要となりますが、これもイラストレーターの仕事の一つで、正確にはテクニカルイラストレーターと言います。

イラストレーター
求人・案件はこちら

イラストレーターについて
詳しくみる

イラストレーター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択