気になるイラストレーターの平均年収・給与に関して

イラストレーター平均年収

674のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

イラストレーター
求人・案件はこちら

平均年収

イラストレーターの年収と言っても、実に幅がありますし、仕事する形態でも異なります。年収で100万円程度の人もいれば、400万円くらいと普通のサラリーマン並みの人もいますが、平均的に見れば、200~300万円くらいのようです。1千万円を超える人も稀にいますが、これはよほど実力が評価され、すでに多くの実績がある人です。

広告代理店やサイト制作会社に就職し、営業も含めて他の仕事も兼任して仕事する場合、ごく普通のサラリーマン並みの年収となります。これ以外、イラストレーターの場合、フリーで仕事する人も多いのですが、フリーだと雑誌などの仕事同様、イラストひとつ制作につきいくら、という形で報酬をもらうことになります。単価は作品の質や、これまでの実績に応じて大きく異なります。

仕事時間も長くなりがち

企業から依頼を受けてイラストを描く場合、先方の要望に応じたものを作成する必要があり、場合によっては何度も修正を求められることもあります。
これに伴い、作業時間も長くなりがちですが、報酬は作業時間は関係ないので、仕事の量に比べれば、時給に換算してあまり高くならないケースも多いものです。

一方で、Webイラストの場合、特殊な技術が必要であり、専門ソフトを使いこなし、JavaScriptやFlashなども駆使して質の高いものを作り上げることができれば、かなりの報酬を得ることも可能となります。

実力次第で報酬アップ

Webイラストを発注する際、発注する側もあまりWebイラストの専門技術を知らないことが多く、こうしたところに専門技術を駆使した質の高いイラストを提供すれば、場合によっては驚くほどの報酬を提供してもらえる可能性もあります。また、独自のキャラクターを生み出せば、高い金額で買い取ってくれることもあります。
イラストレーターは、絵を描く才能があるに越したことはありませんが、ただ絵を描くだけでなく、常に新しい技術を導入することを心がければ、より可能性が広がる仕事なのです。

イラストレーターが心がけるべきことは

イラストレーターも、先方から依頼されて仕事するのですから、先方の要望に応え、納期も守る必要があります。先方の要望に応えるため、何度か修正を求められることもあり、修正が追い付かず、納期を守れない、というケースもあるので、きちんとしたスケジュール管理が必要となります。
また、単価以外に、契約内容もよく確かめる必要があります。著作権に関しても、著作権を先方に譲れば、自分の作品として他で使用することができなくなるので、契約内容に著作権を譲ることが含まれているかどうかもよく確かめることです。

イラストレーター
求人・案件はこちら

イラストレーターについて
詳しくみる

イラストレーター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択