イラストレーターの需要とは

イラストレーター需要について

621のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

イラストレーター
求人・案件はこちら

需要について

イラストレーターでも、Webイラストの場合、今後さらに重要は高まります。例えば、最近ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で提供されるゲーム、いわゆるソーシャルゲームの人気が高まっていますが、こうしたところでのキャラクターデザインを求めるところが増えています。
キャラクター以外にも、ゲームの中でいろいろなアイテムを集めるのもソーシャルゲームの楽しみの一つですが、様々なアイテムのデザインも求められています。今後的には、こうしたスマホ市場でのWebイラストレーターの需要が高まることになります。

ネットの需要の拡大に伴い、イラストレーターの需要もさらに可能性が

これ以外、最近はブログが人気で、個人でブログを開設する人も増えています。こうした個人のブログの装飾用に、様々なイラストを提供する、という形もあります。また、今は名刺作りでも、ネットで名刺のテンプレートを選び、自分のアドレス、電話番号を挿入してオリジナルの名刺を作る人が増えています。

この場合でも、個人の名刺用に様々な装飾用のイラスト、名刺のテンプレートを作成して提供することができます。同様に、年賀状、暑中見舞いなどのイラストの提供のサービスもあります。こうして見ると、企業だけでなく個人を対象としたイラストレーターの仕事も、今後需要が広まることがわかります。

プロとしての心がけ

イラストを提供するには、やはり、さすがにプロと納得させることができるものを提供しなければいけません。このためには、まずは絵の質が高いことが第一ですが、これ以外、ある程度ターゲットを絞る必要もあります。企業を対象とするか、一般の人を対象とするか。若い女性をターゲットにするか、主婦層を対象とするか、学生層を対象にするか。

対象となる性別や年齢によってもイラストのニーズは異なります。自分が得意とするイラストはどのようなものか、どのような人を対象にすればよいのか。こうしたこともよく考えて、自分の得意分野をはっきりさせることも大事です。

より専門化を目指すなら

イラストレーターには、工業製品のマニュアルや、医学関連のイラストを、CGなどの専門技術を使って描く仕事があります。テクニカルイラストレーターや、メディカルイラストレーターと呼ばれるものですが、今後はこうした専門職の需要も高まります。CGに写真を導入するなど、専門的な技術を習得する必要がありますが、今後に向けて、こうした分野にも注目することです。

イラストレーター
求人・案件はこちら

イラストレーターについて
詳しくみる

イラストレーター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択