イラストレーターのやりがいとは

イラストレーターやりがい

639のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

イラストレーター
求人・案件はこちら

やりがい

イラストレーターは、会社に就職してデザイナー、プランナーなども兼ねて仕事する形もありますが、やはりフリーで仕事する人が多く、会社で仕事していても、いずれはフリーでやっていきたいと考える人が多いものです。フリーだと自宅で仕事ができますし、今はネットが発達しているので、仕事の受注から納品まですべてネットを通して出来るようになっています。
このため、地方に住んでいても様々なところからの仕事を請け負うことが可能です。こうしたことから、スケジュール管理さえきちんと出来れば、自分のペースで仕事ができますし、主婦との両立も可能となります。イラストレーターに限ったことではありませんが、これもフリーの魅力の一つです。

イラストレーターのやりがいとは

時代を先取りしたイラストレーターになるには、やはりWeb関連の専門スキル、新しい技術の導入が欠かせません。それでも、イラストレーターの場合、一番大事なのは、やはり個性です。イラストレーターによって、可愛いイラストが得意の人もいれば、ハードなイラスト、クールなイラストが得意な人もいます。このサイトではハードな絵が向いているから、イラストは、あの人に頼もうか、といった具合に、発注先も個性に応じてイラストレーターを選ぶことになります。

イラストレーターからすれば、自分のこうしたところを認めて仕事を依頼してくれたのだなと、嬉しい気持ちになります。また、先方の希望に応じたイラストを描くことができ、満足の声を聞くことができれば、良い仕事ができたという実感も得やすいものです。イラストレーターは決して報酬は高くはありませんが、報酬以上の喜びも感じやすいものなのです。

プロのイラストレーターを目指して

イラストレーターは、やはり絵を描くのがうまいこと、ある程度のセンスを持っていることが基本的条件となります。イラストレーターを目指していても、まず基本がしっかりしていなければ、初めの時点で淘汰されます。プロのイラストレーターとして一歩を歩みだしても、発注先との折衝の段階で、どうしても希望に応じたものが作れない、自分の得意分野を認めてくれないなど、軋轢が生じたりもします。

こうした軋轢を経験することで、いかに発注先の希望に応えるか、いかに自分の個性、得意分野をアピールするかのノウハウも身につけられます。はじめはうまく仕事をこなすことができなくても、次第に先方の希望に応えた作品ができるようになると、自分もプロとして成長できたことが実感できます。仕事を通して、自分の成長が実感できるのも、イラストレーターのやりがいなのです。

イラストレーター
求人・案件はこちら

イラストレーターについて
詳しくみる

イラストレーター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択