気になるDTPデザイナーの仕事内容に関して

DTPデザイナー仕事内容

684のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

仕事内容

DTPデザイナーの仕事は、パソコンを使って雑誌、パンフレットなどの紙面レイアウトを行うことです。グラフィックデザイナーの仕事と似通っていて、実際、境界線も曖昧なのですが、グラフィックデザイナーの場合、チラシ、ポスターなど、より視覚的に訴えるものを中心にデザインします。これに対し、DTPデザイナーは、雑誌など主に記事が中心のものを、読みやすいように、また興味をひきやすいように文章、写真イラストを配置し、レイアウトを行います。

グラフィックデザイナーは、イラストレーター、フォトショップなどのソフトを主に使用し、DTPデザイナーは、主にクオークエクスプレスなどの紙面レイアウト専用のソフトを使って仕事します。かつては、紙面レイアウトの仕事は、烏口、ロットリング、写植を用いて版下を作成していましたが、今はこうした作業が、すべてパソコン上で行えるようになったのです。

いかに紙面のコンセプトを伝えるかが大事

DTPデザイナーの仕事を行うにあたり、職場によっては上にアートディレクターが存在し、アートディレクターの指示に従って紙面レイアウトを行うことも多いものです。記者が書いた記事、カメラマンが撮影した写真、イラストレーターが描いたイラストなどを紙面に配置するのですが、何をメインにするか考え、それぞれが取るスペースの大きさなども考えます。
記事をメインにするか、写真によるアピール効果を重視するか、よく考え、場合によってはアートディレクターの指示に従って配置を考えなければいけません。

DTPデザイナーとしてのセンスとは

また、時には記事の量が多すぎて写真を入れるスペースが足りなかったりすることもあります。この場合は、記事の文字の大きさを変えたり、写真の大きさを変えたりして、うまく紙面に収まるようにしなければいけません。記事、写真などがバランスよく配置され、なおかつ紙面のコンセプトがうまく伝わるよう、DTPデザイナーのセンスも大きく問われることになります。

DTPデザイナーは時間とも勝負

特に雑誌の場合、発行日に間に合うようレイアウトを仕上げ、印刷工程に間に合わせる必要があります。締切が近くなっても、記者の記事を書くのが遅れたり、突然記事を差し替えたりする必要が生じることもあります。これに伴い、残業を強いられることもあります。DTPデザイナーは、締切に間に合うよう、時間との兼ね合いもよく考えなければいけません。

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

DTPデザイナーについて
詳しくみる

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択