DTPデザイナーの需要とは

DTPデザイナー需要について

618のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

需要について

DTPデザイナーは、長い時間机に座ってパソコンのソフトを操作し、紙面のレイアウトを行う、どちらかと言えば地味な作業の仕事です。まだ経験が浅いうちは、締切の時間に追われて残業が多くなったりもします。他の仕事に比べ、比較的的地味な仕事ながら、勤務時間が長く、それに比べて給与もやや低めな場合が多いものです。
こうしたことから、DTPデザイナーは比較的短期間で仕事を辞め、もう少し条件の良い職場に移ったり、自分で独立する人も結構多いのです。このため、出版社、広告代理店、印刷会社などでのDTPデザイナーの求人は結構多く、これからも需要は高まります。

スケジュール管理能力も大事

DTPデザイナーを求めるところは、やはり経験者を希望するところが多いのですが、基本的なパソコンの操作ができれば未経験でもOK、というところもあります。
クオークエクスプレスは、実際に仕事しながらでないとなかなか使いこなすのは難しいのですが、ある程度イラストレーター、フォトショップなどの操作ができるのなら、DTPデザイナーの見習いのような形で採用してくれるところも結構あるものです。
20代の若い人なら、仕事する情熱があれば採用してくれる可能性も高くなります。はじめは給料が安くても、まじめに仕事し、締切を守れるスケジュール管理能力が身につけば、次第に給与も上がります。

経験を積めば、いくらでも需要が

DTPデザイナーは、他の仕事と比べても経験が重視される職種です。それだけに、ある程度経験を積めば、いくらでも需要があるわけです。DTPデザイナーの場合、パソコンの専門スキル以外、校正、スケジュール管理能力、クレームへの対応など、現場でしか覚えられないこともしっかり学ぶことで、ようやく認められるようになります。
就職活動の際も、ソフトが使いこなせること以外、これまでに自分がレイアウトを行った紙面のサンプルを持参し、様々なクレームにも対応したことをアピールすれば、好条件で受け入れてくれる可能性が高くなります。

DTPデザイナーは苦労が報われる仕事

DTPデザイナーとして経験が長くなれば、独立して仕事することも可能です。独立し、出版、印刷、企業の社内報作成、商店のチラシなど、様々なところから仕事を請け負ったり、派遣会社に登録して仕事をもらう方法もあります。DTPデザイナーは苦労もありますが、苦労が報われる可能性も大きいのです。

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

DTPデザイナーについて
詳しくみる

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択