DTPデザイナーの案件・求人情報、年収や将来性について

DTPデザイナー今後・将来性

623のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

今後・将来性

かつての印刷は、活版印刷の時代は、文選、小組、大組、ゲラ校正、紙型取りと、細かい作業に分けられていました。これが、写植の時代になり、写植、版下アップという流れに代わりましたが、版下アップには烏口、ロットリング、定規など様々な道具を使い、手先の器用さも求められました。今はこうした作業がすべてパソコンで行われるようになり、若いDTPデザイナーが作業を行います。

DTPデザイナーは未来を担う仕事

版下アップの作業は手先の器用さが必要で、歳とともに指先が衰えると、仕事が難しくなります。DTPデザイナーは、こうした人たちの後を担う仕事でもあるのです。年配のデザイナーたちにとっても、若いDTPデザイナーは頼もしく、とても大切な存在となります。かつては様々な人たちで分業で行われていたデザインの仕事も、DTPデザイナーがすべて行えることから、人件費の節減にもDTPデザイナーは貢献します。

オールマイティにこなせる人が大切

比較的規模の小さい出版社、印刷会社などでは、まだまだこれからもDTPデザイナーを求めるところは増えてきます。ただ、小さいところだと、どうしてもDTPデザイナー専門ではなく、写真撮影やオペレータなどもこなせる人を求めるところが多いものです。できれば営業も含めて、出版、印刷関連のすべての仕事をこなせるようになれば、かなり就職に有利となります。

時代の流れを常に先取りすることも大事

出版、印刷の世界も急速に進歩しています。簡単な社内報などは、今は会社内で社員が専用のソフトを使って作り上げることができるようになりました。チラシなどでも、商店主が自宅で、自分でテンプレートを使って簡単に作ることができます。これでは、いずれはDTPデザイナーなんていらなくなるのでは?と思うかもしれません。しかし、洗練されたデザインのものを短時間で作り上げるのは、専門家にしかできません。今後は、一般の人が作るものと、専門家が作るものとの差別化を図ることも重要です。

また、一般の人が自分で出版物、チラシなどを制作する際の、アドバイザー的な役割も、今後はDTPデザイナーが担うことになります。今後に向けて、DTPデザイナーはプロとしての自覚を持ち、絶えず先端技術を取り入れる姿勢も欠かせません。実力、経験があり、なおかつ常に未来に目を向けているDTPデザイナーは、将来的に明るいものです。逆に、トレンドについていけない人は、将来性は見込めないのです。

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択