気になるフロントエンジニアの仕事内容に関して

フロントエンジニア仕事内容

621のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

仕事内容

フロントエンジニアの役目は、WebサイトやWebサービスを構築する際、利用者が直接目に触れるWebページの記述などを手がけることです。利用者が直接見聞きしたり操作する部分を、より見やすく操作しやすいように構築します。ただ、フロントエンジニアの仕事内容といっても、会社によって様々です。

主な仕事内容としては、WebサイトのCSS設計・HTML設計・JavaScriptなどの実装を手がけることです。より専門のスキルが必要な部分は、専門の人が担当するなど、より作業が細分化されることもあり、こうした専門的な作業を行う人を総称してフロントエンジニアと呼ばれることもあります。また、作業の量が多い場合、数人で手分けして構築を進める場合もありますが、こうしたときにメンバーをまとめて指示するディレクター的な役目を担うこともあります。

使いやすいサイトを提供するのが役目

フロントエンドエンジニアは、HTMLだけでなく、CSS、JavaScriptの知識やスキルも豊富な人、ということになります。こうした人が構築したサイトは、後から更新や保守の作業を行うときにも、別の人でも簡単に出来、使いやすく整理されたサイトとなるのです。 

より高度なコーディングを追及

Webサイトやスマートフォンアプリなどは、利用する人にとって、使いやすさと見やすさの両方を兼ね備えた、高度なインターフェイスの開発が求められます。
フロントエンジニアは、このインターフェイスの開発が役目なのです。これまでは、インターフェイスの開発はWebデザイナーがデザインし、機能と実装はプログラマやコーダーが行っていましたが、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、一般の人の利用方法や目的も多様化するようになりました。

これに伴い、ブランド的な訴求力に優れたデザインとともに、操作性・更新性にも優れた、より洗練されたデザインが求められるようになっています。フロントエンジニアは、デザイナーの要素を持っているとともにUI・UX設計の発想からプログラミングまでできる、さらに高度化したコーディングの専門家、というわけです。

今後はさらに活躍の場が

フロントエンジニアは、CSS・JavaScriptなどの実装のほか、UI設計、UXを意識した表現技術の実装も行います。UIデザイナーと連携することも多くなっていくことでしょう。さらに、デバイスの多様化に対応した、高次インターフェイスの開発も行います。スマートフォンの普及に伴い、アプリもこれから数多くの新製品が登場することから、スマートフォンの分野でも、フロントエンジニアの役割はさらに重要となってきます。

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

フロントエンジニアについて
詳しくみる

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択