フロントエンジニアの需要とは

フロントエンジニア需要について

673のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

需要について

Web制作の技術はHTML4から5へと、ますます進歩し、JavaScriptなどの高度な技術の重要性も拡大しています。これにともない、Web制作の工程でも、フロントエンジニアの職種が確立され、今後重要が高まることになります。また、スマートフォンやタブレットの普及、進歩から、今後はこうした分野での需要も増えます。
フロントエンジニアも含め、IT関連のエンジニアリングの仕事は、求人数も一気に倍増し、企業の求人に求職者が追いつかない状況です。

様々なところでフロントエンジニアの需要が

フロントエンジニアの活躍する場は、サイト制作会社のほか、広告代理店、その他企業のシステム開発部など、実に様々です。元デザイナーや元プログラマーなど、様々な人がフロントエンジニアとして活躍し、JavaScriptの開発や、他にも、アプリの企画と開発、SNS連携、HTML5の技術やFlashを活用するテクニカルなサイトの構築、担当する業務も多岐に渡っています。デザイナーやプログラマーの仕事を一つのステップにして、将来的にフロントエンジニアとして、自分の得意分野をさらに活用して活躍の場を広げることも可能です。

企業が求める人材は

フロントエンジニアを求める企業は、はじめから何でも出来るような優秀な人材を求めるわけではありませんが、とにかくIT関連の人手が足りないので、基礎的な知識だけでも持った人がほしい、というところが多いものです。サイト構築ではJavaの必要性が高まっているので、サーバサイドまでも含め、Javaの知識があれば就職に有利となります。
これ以外、C言語やVB(Visual Basic)の経験があればさらに有利です。しかし、やはり大事なのはやる気です。IT関連の専門知識を持っているだけでなく、営業活動も出来、企画から積極的にかかわることが出来るような、前向きな姿勢をアピールすることが大事です。

企業の選択も大事

IT関連の企業で仕事する場合、大手の企業でシステム開発をまかされることもありますが、どうしても中小企業の場合、システム開発だけでなく、直接クライアントとの折衝を行う、営業関連の仕事も行わなければいけないことが多いものです。自分はシステム開発だけをやりたいのだ、という気持ちだけでなく、他の仕事を経験するのも将来的に役立つので、他の仕事にも前向きに取り組むことです。ベンチャー企業の場合、いわゆるブラック企業の恐れもあるので、就職の際は、会社選び、事前の調査も大事となります。

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

フロントエンジニアについて
詳しくみる

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択