iPhoneアプリとは | フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

デジタルコンテンツ

アイフォンアプリ

iPhoneアプリ

iPhoneアプリとは、簡単に言えばiPhoneで楽しめるアプリ、小さいiPhoneの画面ながら工夫を凝らしたインターフェースで人気のアプリもたくさんあります。iPhoneだけではなくiPadやiPodでも動作します。つまりiOSと呼ばれる基本ソフトが動作するアップル製のスマートフォン、タブレット、携帯プレイヤーのいずれかで使用できるアプリのことですが、今後は他のタイプの機種が出てくる可能性も高いと言われています。ではiPhoneアプリを入手するためには?まずiOSが動作するデバイスが必要です。既に持っているという場合はインターネットに接続できること、個々人のアップルIDを持っている、これら3つがクリアできればすぐにでも欲しいアプリをダウンロードして利用することができます。接続先はアップルが運営しているApp Store、有料、無料を合わせて約50万種類のアプリが存在します。iPhoneアプリといえば作ってみたい、という方も多く、何故かといえば既存のアプリがいくらあっても自分専用のもの、理想のアプリが無いから、という方もいますし、カメラを搭載していたり、GPS機能も使用できたり、やはりパソコンよりもアイディアが生まれやすいと言えます。スプレッドシート等パソコンとほぼ同じような機能を果たすものもあれば、ソーシャルゲームやアプリ、ビジネス向け、カメラを駆使したアプリや、翻訳アプリ、電子書籍など様々です。

デジタルコンテンツのIT用語一覧

デジタルコンテンツのカテゴリ一覧はこちら

デジタルコンテンツのIT用語一覧

デジタルコンテンツのカテゴリ一覧はこちら

案件を探す

検索条件を選択